ダイヤモンド 【2021福袋】 ネックレス ピアス 0.36ct Dカラー 3EXカット 0.6ctup VS1クラス GIA VVSクラス 上質で快適

ダイヤモンド ネックレス ピアス 0.36ct Dカラー VS1クラス 3EXカット 0.6ctup Dカラー VVSクラス 3EXカット GIA

290000円 ダイヤモンド ネックレス ピアス 0.36ct Dカラー VS1クラス 3EXカット 0.6ctup Dカラー VVSクラス 3EXカット GIA アクセサリー、時計 レディースアクセサリー ネックレス、ペンダント ダイヤモンド ネックレス ピアス 0.36ct Dカラー 3EXカット 0.6ctup VS1クラス GIA VVSクラス 上質で快適 290000円 ダイヤモンド ネックレス ピアス 0.36ct Dカラー VS1クラス 3EXカット 0.6ctup Dカラー VVSクラス 3EXカット GIA アクセサリー、時計 レディースアクセサリー ネックレス、ペンダント xn-----blcckfbacaa4ag3a0adgiauc9a3aeu.xn--p1ai,0.6ctup,VS1クラス,アクセサリー、時計 , レディースアクセサリー , ネックレス、ペンダント,VVSクラス,GIA,Dカラー,290000円,3EXカット,Dカラー,ダイヤモンド,ピアス,/lovesomeness2321194.html,3EXカット,ネックレス,0.36ct xn-----blcckfbacaa4ag3a0adgiauc9a3aeu.xn--p1ai,0.6ctup,VS1クラス,アクセサリー、時計 , レディースアクセサリー , ネックレス、ペンダント,VVSクラス,GIA,Dカラー,290000円,3EXカット,Dカラー,ダイヤモンド,ピアス,/lovesomeness2321194.html,3EXカット,ネックレス,0.36ct ダイヤモンド ネックレス ピアス 0.36ct Dカラー 3EXカット 0.6ctup VS1クラス GIA VVSクラス 上質で快適

290000円

ダイヤモンド ネックレス ピアス 0.36ct Dカラー VS1クラス 3EXカット 0.6ctup Dカラー VVSクラス 3EXカット GIA

【ダイヤモンドの重量】ネックレス:0.36ct ピアス:0.3ctupX2 TOTAL:0.6ctup
【ダイヤモンドのグレード】ネックレス:Dカラー VS1クラス 3EXカット  ピアス:Dカラー VVSクラス 3EXカット
【枠の素材】ネックレス:PT900(ペンダントトップ)、PT850(チェーン) ピアス:PT900、シリコン
【大きさ】ネックレス:縦:約6.3mm 横:約4.8mm ピアス:約5.3mm
【チェーンの長さ】45cm(スライド式アジャスター付。何cmでも対応)
【備考1】鑑定書(GIA)、保証書付
【備考2】こちらの商品は受注発注となります。商品お届けまで約2週間です
【備考3】ケース付。ご希望の方ラッピング(無料)いたします

ダイヤモンド ネックレス ピアス 0.36ct Dカラー VS1クラス 3EXカット 0.6ctup Dカラー VVSクラス 3EXカット GIA

ご希望の神社・寺院情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

旅探は神社・寺院が検索できる情報サイトです。
神社と寺院はいずれも宗教施設ですが、両者には大きく違いがあります。神社とは、日本発祥の宗教である「神道」のための施設であり、神々が宿る神聖な場所。一方、寺院は、仏陀(ブッダ)を開祖とした仏教の教えに基づいて建てられた施設とされています。
旅探では、日本地図から調べたい都道府県を選択し、さらに地域を選んでいくだけで、その場所にある寺社を一覧表示。さらに、各施設ページでは、交通アクセスをはじめ、拝観時間、駐車場情報などをご確認頂けます。

神社・寺院とは

「神社・寺院とは」では、古くから存在する神社・寺院について解説します。
寺社は私たち日本人にとって馴染みの深い場所。しかし、具体的にどのような施設であるか知らない方も多いのではないでしょうか。
まずは、神社についてどのように生まれたか紐解いていきましょう。

「神社」を意味する言葉

「神社」という字は「神の社」、つまり神を祀る場所という意味の成り立ちからできていますが、現在一般的に読まれる「じんじゃ」の読みの他に、例えば『万葉集』の中では「神社=もり」と読むケースもあります。その他にも神社を意味する言葉は多くあります。

「社(やしろ)」

「やしろ」の「や」は「弥(いや)=ますます」という意味で、「しろ」は神が占有する一定の区域を意味します。つまり、「これから先も神様だけが入ることのできる空間」という意味が込められており、『万葉集』では「神社」と同様に「社=もり」と読む記述も残されています。

「宮(みや)」

「御屋=みや」の意味が由来とされており、すでに建てられている神殿を意味します。この「宮」の字は格式の高い神社(伊勢神宮鹿島神宮など)に用いられる社号です。

「祠(ほこら)」

「秀倉(ほくら)」が語源とされている言葉で、神を祀る小規模な建造物を意味します。

この中でも最も注目すべき言葉は「やしろ」。神様だけが入ることのできる空間、つまり「人間や動物が足を踏み入れることが許されない空間」との意味が込められているからです。この「神の占有地」には誰もが入れないので、そこには自然と樹木が生い茂り「もり」となった、との説もあります。

神社発生の過程

上記の「神社」を意味する「もり」の語の発生は、神社の発生の過程を物語っているとも言えます。

元来の神社の本質とは、先述の通り「神の占有地」、つまり神霊が降臨する空間のことを指していて、人も鳥も獣も入ることを禁じられた「禁足地」であり、神だけのための聖なる空間であったのです。そしてその本質を守ることと、そこが禁足地であることを示すために、聖なる空間と俗なる空間との境に「榊(さかき)」が立てられるようになりました。この「榊」は「木」「神」の字を組み合わせた日本オリジナルの漢字(国字)であり、「境木」が由来とされています。神事に用いられる重要な樹木であり、現在でも神社の鳥居や建物などで飾られているだけでなく、家庭用の神棚などにも使用されているほどです。

さらに神の空間をより良く守るために、榊で結界が作られた場所には、鳥居が建てられ、注連縄(しめなわ)が張られ、周囲には玉垣(たまがき)が巡らされるようになり、これが、現在私たちが目にすることのできる神社の形となりました。

このように「神社」とは、神が占有する聖なる空間のことですが、一般的には「神を祀るための建物や施設」を指しています。この見方は神社の社殿建築に視点を置いたものであり、もとの意味よりもこちらの解釈の方が庶民に広まっていくことになりました。また、このような常設の建築物を設けて神を祀る考え方は、大陸から伝わった仏教寺院の影響が強くかかわっていると考えられています。

寺院とは

私たち日本人にとって寺院という場所は馴染みが深く、誰しもが一度は訪れたことがある場所です。しかし、寺院のことを改めて詳しく知る機会はなかなかないのも事実。こちらでは、寺院の始まりや寺院の基礎的なことをご紹介します。

寺院の起源

現在、私たちがお寺に出向くときと言えば、お墓参りやお葬式などの仏事が主で、他には建物や仏像、庭園などを鑑賞するために、観光地として有名なお寺に行くこともあります。このような目的で訪れるお寺ですが、元々お寺とは仏教の布教のために造られた施設でした。

「寺」という言葉は、元々中国において「役所」を意味します。後漢の明帝の時代、布教活動のため中国へとやってきた2人のインドの僧が滞在した場所が、「鴻臚寺(こうろじ)」という迎賓館のような役所でした。その後、インドの僧らが住むための施設として建てられた建物を「白馬寺(はくばじ)」と名付け、それ以来僧侶が住む場所には「寺」という文字が付けられるようになったのです。

ちなみにこの「白馬寺」、2人の僧侶らが白馬に乗ってやって来たことからこのような名が付けられました。

現在、このように僧侶たちが居住する建物は「僧房(そうぼう)」と呼ばれています。他にも「宿坊(しゅくぼう)」という施設を持つ寺院がありますが、僧侶以外の人も宿泊が可能です。元々は僧侶のために作られた宿泊施設でしたが、平安時代の寺社参詣の普及に伴い、訪れる貴族や武士をはじめ一般の参拝客も泊まることができるようになりました。

身近な寺院

一言に「寺院」と言っても、その宗派やご本尊は様々。私たちの生活に関係が深いお寺を例に挙げて、そのおおまかな違いをご紹介しましょう。

地域に密着したお寺

実家が仏教のいずれかの宗派に属している方は、「檀家(だんか)」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

「檀家」とは、特定のお寺に所属し、そのお寺を支援する家のことを指し、檀家が支援する寺院を「檀那寺(だんなでら)」と呼びます。

檀那寺は、地方ほど小規模な寺院が多く、近隣住民と密接な関係を築いています。大抵の場合、敷地内に墓地があり、檀家はお墓の管理や身内の葬式、法事などといった先祖の供養を檀那寺に一任。その御礼として、檀家はお墓の管理費やお布施を檀那寺へと納めるのです。

この制度は、すでに鎌倉時代から自然と始まったと言われていますが、江戸時代にキリシタン禁制を設けたことと同時に檀家制度も法的に制度化されました。

その当時、民衆はどこかのお寺の檀家になることが義務付けられており、寺院で行われる説教などの集会に積極的に参加して布教活動をしたり、必ずお布施を納めたりすることが決まりごとでした。

現在でも、檀那寺との付き合いがあるお宅は多く見られますが、檀家になるかならないかを選択する自由度は昔と比べると高まっています。

観光地としての寺院

特定の檀家に支えられている地域の檀那寺とは対照的に、京都や奈良などには多くの観光客で賑わうような有名な寺院があります。
こちらは信仰、そして観光の対象として幅広い参拝客を集めており、外国人観光客からも人気が高いスポットです。

その中の多くは、世界遺産や国の重要文化財として登録されており、歴史ある建物や国宝のご本尊、庭園の美しさなどそれぞれの魅力で多くの人を惹き付けています。

神社・寺院のブログ情報

目次

閉じる

地域別に神社・寺院を検索

都道府県をクリックして「神社検索」「寺院検索」をして下さい。

神社・寺院に関する用語の解説を掲載しておりますので、ぜひご覧下さい。

神社・寺院用語集

刀剣ワールドでは、日本刀にまつわる各種コンテンツを公開!
歴史をドラマチックに彩ってきたお城、武将などをテーマにした川柳をご紹介します。
刀剣奉納鍛錬見学と、日本刀・甲冑の鑑賞が楽しめる宿泊バスツアー
全国の有名ご当地キャラの情報が満載!写真とプロフィールをご覧頂けます。
数多くのご当地キャラの中でも歴史にまつわるキャラクターをご紹介します。
全国の観光名所と周辺情報を観光マップ・レジャーマップでご紹介します。
全国の代表的な「パワースポット」を都道府県ごとにご紹介!
日本地図から都道府県、市区町村を選択して生活に役立つ地域情報を検索頂けます。
「旅探 Web動画旅行」では国内の様々な観光施設の動画が無料でご覧頂けます。
生活や観光に便利な、地図から様々な情報を検索できる機能をご紹介しています。
全国の天気予報を検索できます。天気に関するお役立ち情報も満載!
  • 春夏秋冬、それぞれの季節を感じるおでかけスポットをご紹介します。

  • 歌舞伎パンダ「検太郎」がイチオシ施設の情報や見どころをお届けします!

春の施設特集
in 大阪城

春の施設特集
in 伊勢神宮

外交の拠点として栄えた太宰府に位置する九州国立博物館」の魅力をご紹介します。
刀剣巡りができる大阪城などに加え、大阪府周辺の地域で刀剣を所蔵・
展示している施設も合わせてご紹介します。

YouTubeにて動画を公開中!

全施設カテゴリのイメージビデオを
ご紹介!YouTubeにてご覧頂けます。
各施設カテゴリのイメージアニメを
YouTubeにてご覧頂けます。

写真/動画のコンテスト情報

口コミ・写真・動画の撮影・編集・投稿に便利な
「ホームメイト・リサーチ」の公式アプリをご紹介します!

adidas ウィンドブレーカー140cm ジャンパー アディダス
施設の営業時間や休業日、施設概要などの「基本情報」投稿がスタート!
投稿をお待ちしております。

ピカ写メ写真コンテストにエントリーされた「観光施設」の優秀写真を作品集でご紹介します。

◆ 大容量 サドルバッグ ロードバイク クロスバイク 撥水加工 ミニベロ
「いい旅、ふた旅。」は、全国の観光施設や名所に関する情報をお届けするブログです。
「賃貸ブログ」をはじめ、多彩なジャンルのブログをご紹介致します。
賃貸物件情報なら賃貸・不動産のホームメイトにおまかせ!
生活やスポーツに関する川柳を募集中!採用者にはお買い物に使える割引券をプレゼント。